~直葬プランもございます~

ご利用料金のご説明

​ 葬儀費用とは、はなおもい葬プランオプション・供花料理代返礼品宗教者へのお礼・お布施火葬料+雑費(バス・タクシー代や旅費交通費など)となります。

 

 

はなおもい葬プランオプション・供花のご説明をいたします。

~下記の8点が基本セットになります~

枕飾り(ローソク・線香)

〈はなおもい葬35万円パックから含まれる内容〉

〈はなおもい葬50万円パックから含まれる内容〉

祭壇設置料

​(3万円・税抜き)

遺影作成料

​(2千円~2万円・税抜き)

〈オプションサービス〉

後飾り祭壇

​(3万円・税抜き)

生花スタンド   15,000円 ~

お棺廻り供花

​(左:10万円 右:1対2.5万円・税抜き)

枕花アレンジメント 10,000円 ~

お別れ花 5,000円 ~

​※その他、様々なオプションがありますので、詳しくはお問合せくださいませ。

​例)お花・祭壇の色指定、貸出布団、食事のケータリング、お棺・お骨壺の変更など・・・

ご葬儀 パックプラン

~各プランには基本セットが付いております~

 

25万円パック

​(祭壇設置料・遺影制作料など別途)

​〈お別れのお花まで含んでおります〉

35万パック

(お花は全てお別れ花になります)

〈祭壇設置料 無料〉

50万パック

(棺手前のお花はオプションです)

〈遺影作成料 込み〉

70万パック

(華やかな蘭の花をふんだんに装飾します)

〈お好みのカラーに仕上げます〉

 

​お別れのお花まで含んでおります!

25万円プラン+祭壇設置料3万円+お棺花5万円(オプション)

                

​お客様の希望でご注文いただきました

330,000円(+消費税)

 ガンで闘病されていた故人様(女性)のご希望と二人の娘様の支えがあり、在宅医療を選択され、訪問看護やドクターの献身的な働きによって、ご自宅で安らかに息を引き取られました。

 そのまま、自宅から見送ってほしいとのお母様の要望だったため、お葬式の準備をするために、市内の互助会含め、4社の葬儀社に問いあわせると「自宅葬の経験がない」「出張費がかかってかえってたかくなりますよ!」「お寺さんを呼ぶのに駐車場はあるんですか?」など、様々な理由を突き付けられ、不安をあおられて困っていた時に当社を知り、ご連絡いただきました。

 すぐに駆け付け、お話差し上げると、安心されて「母の望みがかなえてあげられないかと不安でした!はなおもい葬儀社さんにお葬式を頼むことができて、良かった!!」と喜んでいただきました。

 後日、Googleの書き込みまでいただき、私が「勝手に」ご用意させていただいた、食べることが大好きだったお母様の好物とネーム入りのお箸のことなど、ご丁寧に書き込んでくださいました。

25万円プラン+お棺生花 10万円(オプション) + 祭壇花1対 3万円(オプション)

​お客様の希望でご注文いただきました

​お客様の希望でご注文いただきました

380,000円(+消費税)

ご生前、入院先でよく「家に帰りたい」とおっしゃっていたそうです。家族の方が余命宣告を聞かされ、ご本人に、病院にいるか自宅に戻るか尋ねられた時に、「自宅に帰りたい」と希望をお話されたので自宅で看取ることに。約1か月の介護の後に亡くなり、当社へご依頼いただきました。お花が大好きなお母様だったとお聞きし、様々なお花で装花いたしました。お別れの時は全てのお花を綺麗に入れていただくために、⓵小花を敷き詰め ⓶色別にかごに花をお摘みし ⓷ユリやあじさいなど大きく見栄えのするお花を最後に入れていただきました。たくさんのお別れの花をご用意できたので、お花入れに約25分ほどの時間が取れ、また、ご家族の方が想いを言葉にされながらも笑顔で、きれいにお花を配置、お入れいただきました。お花入れが終わり、喪主の方が一言「私たち、悲しくない訳ではないんですよ~」と、笑顔でおっしゃった、頬をつたう涙に、故人様への溢れんばかりの愛を感じました。

25万円プラン+お棺生花 10万円 (オプション)+ 祭壇花5万円(オプション)

               

​お客様の希望でご注文いただきました

​お客様の希望でご注文いただきました

 400,000円(+消費税)

「葬儀社で勤めとったよね?」私の奥さんへ連絡が入ったのは10月初旬でした。「自宅葬」に興味を持っていただき、電話で大まかな内容説明をさせていただきました。価格にも納得いただき、「安い葬儀」というわけではなく、「費用がかからない葬儀」の形であることを知って、驚いてらっしゃいました。自宅で葬儀を行うなんて考えてもなかったみたいですが、しかし10年前に建て直した自宅は「子供や孫がみんな揃ってもいいように広いリビングにした」マイホーム。そのことを思い出し、喪主の方はじめ、子供さんにあたるご兄弟3人で話し合った結果、自宅で送ってあげたいと、ご依頼いただきました。打ち合わせの中で⓵家族でゆっくりと送ってあげたいという旨のお話を受け、お通夜経を行わずに、昔行っていた流れ・枕経と出棺経をあげていただけるようお寺様交えてお話させていただき(昔は「夜伽(よとぎ)故人を偲び夜通し語り合うのが慣例でお寺様にきていただきお経をあげてもらう形式のお通夜は執り行っていませんでした)、⓶当日お寺様のご都合により葬儀式開式が14時からと遅く、当日初七日をご希望されていたご家族・遠方からきていただいたお寺様、双方の事を想い、出棺経の後引き続きの初七日法要のお願いをさせていただき、⓷「香典返しが大変」とおっしゃっていたので、「いただかない代わりに、お返しをしない(ご香典を辞退し、返礼品のご用意を当日せず、どうしても、と渡された方のみ後日お返しをすることになりました。)」ことのご提案をさせていただきました。⓸また、料理においても精進料理やお斎など形式を重んじることよりも、送る気持ちを大切にしたい旨のお話をいただきましたので、ご家族の想い想いにお任せいたしました。火葬場でご収骨の後、自宅にお戻りになられた後、「的確なアドバイスのおかげでこんなにゆっくりとストレスなくお別れでき、本当にホッとした。信じられないくらい良くしていただいた。」と、暖かなお言葉をいただきました。

 世界に一つだけのオリジナルオーダー祭壇 
(お好きなお花を少額負担で追加できます)
ご家族皆様とともに大切な方のために、世界に一つだけのオリジナルオーダー祭壇をご用意させていただいております。
また、「ユリの花いっぱいにしてあげたい!」「あまりお金はかけられないんだけど、お母さん、胡蝶蘭好きだったよね~」さまざまな、「してあげたい事」なんでもご相談ください!費用内で抑えられる場合もございますし、予算内で済ませられるよう、少額負担での追加が可能です。

当店では盆提灯のご準備のお手伝いもさせていただいております。門提灯・大内提灯・住吉提灯回転燈など、様々お取り扱いがございます。ご先祖様が帰ってこられるための目印・盆提灯。

初めてお迎えになる新盆の方々のご相談にも丁寧にご説明いたします。また、修理や買い替えをご希望の方も一度ご相談くださいませ。

​お盆の花飾りの一例です。盛大にお迎えしたいご家族様、華美にはせず、しかし、お盆らしいお飾りをご希望されるご家族様、様々なご要望に対して「花想」ではお客様のご希望に沿ったお飾り・アドバイスをさせていただいております。また、お参りにきていただいた方々に対するお返しの品のご準備もさせていただいております。お気軽にお問合せください。

各地域で行われている「精霊流し」のお手伝いもさせていただいております。当社ではお花のご用意はもちろん、祭壇の飾りつけも行っており、ご要望に沿った施行をおこなっております。

葬儀の事前相談のススメ

「はなおもい葬儀社」からのご提案

​ 大切な方を送る「お葬式」。今では様々な形式のお葬式があり、迷い混同されてある方が多いのではないでしょうか?また、「もしもの時」は突然やってくることも多いです。

 「うちは〇〇葬儀社に頼んであるから大丈夫!」とか「家族みんな仲がいいから、もしもの時でも、きっと問題なくお葬式を済ませることができる!」と思っていたとしても、できることであれば、事前相談をおすすめいたします。

 

 理由は一つ。「後悔しないようにするため」

 

 「任せておいた葬儀社の経営母体が変わっていた」「思っていた以上に費用がかかった」「葬儀社の雰囲気が気に入らなかった」「飾ったお花が良くなく、想像以上に少なかった」「サービスが悪かった」・・・・今までお受けしたご相談の一部で、実際に起こり感じた感想です。

 

事前相談に足を運ばれた方々のお話

 

 「事前に数社、打ち合わせをした結果、明瞭な見積もりをしてくれた花想さんに決めました。多少の変更はあったものの、おかげさまで、看病疲れ後の打ち合わせがスムーズに進み、精神的に楽でした。」

 

 「事前相談に行かなければ分からないことを教えていただきました。父はスーツがとても似合う人だったので、父のお気に入りのスーツを着せて送りたいと思っていました。相談でアドバイスいただいたのが、亡くなった後に硬直してしまうので、あらかじめ病院にお着せしたいスーツをお預けになったらどうですか?と教えていただきました。硬直後にスーツに着せ替えることもできるそうなんですが、お湯につかり体を温め、硬直をほどいていくそうなんですが、そんな痛いことを亡くなった後にさせたくはなかったので、事前にお話を伺っていたことが大好きな父を助けることに繋がり、勇気をもって事前相談に行けたこと、また、勇気をもって進言してくれた花想さんに感謝しかありません。」

 他にも多くの方々が事前相談に行って良かった、とおっしゃっております。

 「事前相談、まだ存命のうちに相談するなんて縁起でもない!」様々な考え方・価値観が存在しております。しかし、本当に大切な方を想うからこそ「縁起でもない」ことにも臆せず、「勇気をもって、よりよい送り方・葬儀社選び・担当者探し」を実践することで、「葬儀社任せの葬儀」から「自分たちにしかできない後悔するはずのない送る式」になると、当社は考えております。

不明瞭なお見積りはいたしません

 

事前相談においてもご葬儀の時においても、しっかりとお打合せをさせていただいた上でお見積りいたします。また、絶対に必要な人的サービスに関し、「サービス料」や「司会進行料」などご家族ではできないものに関する名目でのご請求は一切いたしません。

お客様のご意向に沿った葬儀プラン作成に徹します

 

​当社の打ち合わせはまず、お客様のお話をしっかりとお聞きするところから始まります。わからないことに対してはしっかりとアドバイスさせていただきながら、お客様のご意向に沿ったプラン作成をさせていただきます。希望していない祭壇のグレードアップやお棺の変更を勧めたり、断りにくい提案は「はなおもい葬儀社」が考える「費用がかからないお葬式」とはかけ離れており、お客様を苦しめてしまう事、あってはならないことと考えております。

「安い葬儀」ではなく「費用がかからないお葬式」をお約束いたします

「家族葬」「一日葬」「直葬」などさまざまな形式・表現のお葬式が執り行われておりますが、本をただせばどの形式のお葬式も「大切な方をおくる儀式」であります。「家族葬」というネーミングが広く知られておりますが、どの名称も「業界が作った名ばかりのもの」。

当社ではそのような区分けは設けておらず、どのようなお葬儀をご依頼いただいても、精一杯のお手伝いという形でしか表現できません。「大切な方が亡くなった中で、我々ができる精一杯の事は何か?」という問いかけを自らに課し、お客様と共に、ネーミングや形式にとらわれない「おくりかた」に徹します。

事前相談割引がございます

 

「事前相談のススメ」にも記しましたが、勇気をもって事前相談にお越しいただきやすいように当社では「事前相談割引」(5千円引き)を設けております。また、事前相談へは3社から4社、実際に葬儀場に出向き、雰囲気などを肌で感じたほうが比較対象でき、判断材料も多くなります。葬儀は「比較対象しにくいもの、そして二度とやり直しができない儀式」後悔しないためには事前相談にいき、また、事前相談に行くことは後悔しないことだと「はなおもい葬儀社」は考えております。

 電話相談ではなく、実際にお逢いし、ヒアリングさせていただいた場合のみ有効とさせていただいております。

お葬式後のアフターフォローもしっかりお手伝いさせていただきます

意外と大変な「葬儀後の手続き」。葬儀が終わった時には「死亡診断書」→「火葬許可証」→「埋葬許可書」と自動的に進み、住民票の抹消や戸籍に「除籍」の記載がされますが、この後の手続きはご家族や法定相続人の方々で行う必要があります。

「年金受給の停止」「介護保険視覚喪失届」「生命保険金請求」「クレジットカードの解約」・・・頭がいっぱいになってしまいます。

それ以上に気を遣うのが 「遺言書の検認」や「遺産分割協議」「土地家屋の名義変更」「遺品整理」「お仏壇の購入・買い替え」「お墓の準備」「銀行口座凍結後の手続き」・・・・・

遺言書が家で見つかったからと言ってその場で開けると罰則を受けたり、遺産分割協議の進め方が分からずにインターネットで調べた専門家に頼み、なかなかの請求をされたり、親しいお仏壇やさんなどいないために、どうすればいいか相談する相手もいないため、有名なお仏壇屋さんで進められるがままのお仏壇を購入したり・・・・。。

分からないことが少しでもあれば是非、当社にご相談ください!20年近くの実務経験のなかで、「はなおもい葬儀社」に蓄積された確かな情報を提供させていただいております。また、今までに出会ってきた多くの優れた専門家のご紹介も手数料など一切頂かずに、ご紹介しております。

全ては「はなおもいさんにお願いして良かった!」とおっしゃっていただいた方々とのご縁があったから今の花想がある、その御恩をお返しする使命があると思っております。

CONTACT
  • YouTubeの - 灰色の円
  • Facebookの - 灰色の円
  • Instagramの社会のアイコン

〒813-0011 福岡市東区香椎2丁目

E-mail:hanaomoi.net@gmail.com

Tel 092-662-7676 (24時間365日対応しております) 

 代表 安武 由之(やすたけ なおゆき)

1546945138760.jpg