top of page

春日市に事務所を構える司法書士の先生より、後見人さんの葬送のご依頼がありました。

対象者の入院先が遠賀町にありまして、事前に対象者の方の体力が弱っていることを伺っておりまして、いくら後見業務とはいえ、対象者の身に何かあった時の対応のために、事務所から離れた遠賀の病院に夜間、土日祝日の対応は難しいと感じていたので、当社にお任せいただければ全て動くことをお伝えしておりました。

逝去の知らせを受けた時はやはり先生のお仕事が忙しく、当社でお迎えに上がり、本人の残置物も全て引き取って、その後火葬の手続きもスムーズに進めさせていただきました。


ご本人の本籍地が若松 だったので、 若松区役所で死亡届けを提出し さらには住民票のある火葬場での火葬が一番費用がかかりませんので、遠賀の火葬場・天生園へと火葬場の利用許可申請に伺いました。


甥がキーパーソンにはなっていましたが、積極的ではなく、ご本人が希望するお寺の納骨堂に納骨に行く段取りも整えた上で、甥っこさんに連絡しながら、代理火葬後にお寺へとお骨を届け、無事に納骨式まで終わらせ、お寺様に後をお願いをして、現場を離れました 。


福岡市に事業所はありますが、 本人 ゆかりの地にお戻ししたいというのが当社の理念であり、今回も、福岡市から離れておりますが、遠賀まで火葬に伺い、さらには本人の望む納骨堂へとお骨を持っていくことができました。

Comments


法要事例.png
bottom of page